会社概要

商号
株式会社 浅くさ中村屋
所在地
本社 東京都台東区千束1丁目6番1号
TEL : 03-3876-0301(代表)
浅草店 東京都台東区浅草3丁目5番3号
TEL : 03-3875-1682(代表)
社員数
40名
資本金
2000万円
取引銀行
みずほ銀行、東京信用金庫
事業経歴

当社は、昭和22年より事業として浅草馬道通りに個人営業の菓子小売店を開店したのを皮切りに、昭和30年頃クラッカー式おかきの製造に着手。製造の研究を重ね和風クラッカー木の葉を完成し市販を始める。
この商品は従来の煎餅界の革命と云われ創意をこらした包装と相まって、門前市をなす盛況を博した。一般贈答品のほか地元浅草、赤坂、築地等花柳界の進物、まき物、展示会用おみやげ等、好評で逐次販路を広めた。 また、羽田空港、成田空港ともに「東京みやげ」として人気を博し、現在も幅広く展開をしている。 また、業務多角経営化を目指し、配送業務に経営を拡大。今後23区に特化した業務配送、個別配送なども基幹業務として順次展開予定

  • 昭和34年 髙島屋東京店に納入、本格的な百貨店営業を始める。
    好調な売上を背景に三越本店、伊勢丹、松坂屋等、順次販路を広めていった。
  • 昭和38年 浅草柳通り店を新設、その後馬道店を合併、拡大。
  • 昭和39年5月 法人組織とし、株式会社浅くさ中村屋を設立。
    同時に館林工場を増設、量産体制を確立し商品開発に取り組む。
  • 昭和46年1月 現在地に七階建の本社屋を完成。
    ※名称に関しては、当時の名称で表記しております。
  • 平成3年6月 中村芳夫 会長に就任。金澤芳明 社長に就任。
    平成11年 赤坂に賃貸物件を購入、不動産賃貸業の充実させる。
  • 平成23年10月 本社屋統合、浅草本店改築。
  • 平成25年6月 オレンジ通り店開店
  • 平成28年6月 中村浩代表取締役死去に伴い、内田育志 代表取締役に就任。
  • 平成29年4月 中期事業計画を作成。
  • 平成29年12月 中期計画に基づき、群馬県館林工場を売却。
  • 平成30年7月 子会社である 株式会社ハレヤ 葵商事を合併吸収。
  • 平成30年10月 中期事業計画に基づき、新規事業である配送業務
    (事業部名 AN light cargo)に参入し展開を始める。
  • 平成30年11月 災害用の草加煎餅を開発。
  • 平成31年 春 浅草本店の改装、及び長年販売を行ってきた「和風クラッカー」のリニューアルを行う。
  • 平成31年 夏 配送業務の拡大を目指しスマートフォン専用のアプリの開発し業務の拡大を目指す。
  • 平成31年 年内 飲食系のフランチャイズに参入し経営の多角化を目指す。

ブランドで探す

目的で探す

サイト内検索

お役立ち知識